水道光熱費を年10万円分の節約術!

コツコツ我慢して節約する方法ではなく、初めに一度なにかアクションするだけで節約効果がずっと持続するようなテクニックを紹介しています。下記の11個の方法をすべて実践すれば、平均的に“年間10万円ほどの節約効果”となります。

▶︎電気を時間帯割引にする!
電力会社には「時間帯割引」という契約の方法があります。昼間は誰も電気を使わない家庭の場合、昼間の電気代が高く夜間の電気代が安いプランに変えるだけで、かなり電気代を節約できます。
(節約試算:約3.6万円/年)

▶︎食器はまとめ洗いで節約!
こまめに食器を洗うのは良いことのようですが、実は大量の水を使ってしまっており水道代のムダです。
おすすめの方法は、洗い桶を2つに分けて、1つ目の桶には水と洗剤を入れてつけ置き用、2つ目の桶には水だけを入れて洗剤で洗った食器のすすぎ用として使います。最後に軽くすすいで干すだけにすれば、これだけでかなりの節水につながります。
(節約試算:約1.5万円/年)

▶︎冷蔵庫の温度設定を変える!
冷蔵庫には強・中・弱といったように温度設定ができるモデルが多いです。この温度設定を弱に切り替えるだけで電気代の節約が可能です。
(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎節水シャワーヘッドで節約!
「節水シャワーヘッド」を使えば水道代・ガス代の大きな節約に繋がります。
(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎電気のアンペア数を変える!
契約している電気のアンペア数を下げると、電気の基本料金が安くなります。
(節約試算:約0.5万円/年)

▶︎待機消費電力を節約!
家庭で消費する電気の10%は「待機電力」です。この待機電力を削減するには次の2つの方法があります。
1つはあまり使わない部屋や長時間家を空ける時にブレーカーを落としてしまう方法。もう1つは「省エネタップ」を使い、未使用の家電の電源をいちいち切ることなく、省エネタップのスイッチ1つでOFFする方法です。
(節約試算:約0.7万円/年)

▶︎お風呂の保温シートで節約!
湯船に浮かべる「お風呂の保温シート」を使えば、お湯が冷めにくくなるので追い炊きの頻度を減らすことができます。
(節約試算:約0.6万円/年)

▶︎光熱費をクレカ払いに!
電気・ガス・水道料金などをクレジットカード決済にするのもおすすめです。ポイント・マイルなどが貯まり、その分がお得になります。
(節約試算:約0.6万円/年)

▶︎窓ガラス断熱シートで保温!
「断熱シート」を窓ガラスに貼るだけで部屋全体の放熱を最大で30%削減できます。放熱量が減るため保温効果が高まりエアコンの節電につながるというわけです。
(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎エアコンのフィルター清掃!
エアコンのフィルターにゴミやホコリが詰まっていると暖房・冷房能力が低下します。つまりより多くの電力を使うため、非効率ですよね。フィルターをこまめに掃除すれば、冷暖房の効率が良くなり平均10%電気代の節約につながります。
(節約試算:約0.2万円/年)

▶︎テレビはタイマーを設定!
自宅のテレビに自動的に電源をON OFFできるタイマー機能がついていればこれを上手く活用しましょう。タイマー設定・時間設定で自動的にOFFになる設定をしておけば、つけっ放しなどのムダな電力消費を減らすことができます。
(節約試算:約0.1万円/年)